<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

袖ヶ浦海浜公園からの夕陽 1   2011年03月15日 更新

今回は東京湾に面した、袖ヶ浦海浜公園から撮った写真です。

20年ほど前には、ここの埋立地で毎週の様に釣りをしてました。

久し振りに行ったら、空き地だった所には工場が建ち、素敵な公園も出来てて、

がらりと変わってました。

小さく写ってる橋はアクアラインです。

その手前は潮干狩場になってます


          ★★★ 写真をクリックすると大きくなります。★★★

e0229455_21483768.jpg




潮干狩り場の入り口付近には、数万羽の鴨がいてこうしてよく飛んでました。
e0229455_21491354.jpg





これも同じ場所からです。
e0229455_185916.jpg





これは撮った日が違います。
この日は、富士山が見えましたが、これには入ってません。
e0229455_19278.jpg





アクアラインと富士山   
まだ暗くなる前ですから、アクアラインの照明が綺麗に出てません。
e0229455_1112588.jpg




この日は雲もなく、明るいうちから富士山が見えて、
夜になったら素晴らしい夜景に…
アクアラインに車のライトの線が入り、
海ほたるもキラキラ輝きとても綺麗でした。
e0229455_1115079.jpg





ソテツと椰子の木を入れたら、椰子の木は夜空に溶け込んでしまいました。
e0229455_112889.jpg




by yamakin716 | 2011-03-15 01:15 | 袖ヶ浦・金田 | Trackback | Comments(6)

クロサギ                2011年03月08日 更新

今回は、クロサギを撮って来ました。

アオサギ、ダイサギ、コサギが、沢山いる中に一羽だけ居ます。
この辺では数が少ないようで、中々見る事が出来ないそうです。

今回は、EOS60Dと、タムロンの新型レンズ18~270ミリの、組み合わせで撮りました。
軽くて手持ち撮影にはとても良いです、7Dは、連写機能は良いのですが重過ぎます。

撮った日は、とても3月とは思いない寒さでした。
クロサギも寒かったのか、とうとう首を長く伸ばさず、こんな格好しか撮れませんでした。
        ★★★ 写真をクリックすると大きくなります。★★★
e0229455_042592.jpg


最初は近付くと直ぐ逃げましたが、何度も追いかけてるうちに少し慣れて来たのか、
クロサギの方から近付いて来て、最短は5M位まで来てくれました。
e0229455_045829.jpg


この様に首を長く伸ばしたのを、近くで撮りたかったのに…
これは前に撮った画像です。
e0229455_071141.jpg


ここは魚の加工工場の屋根です、この屋根だけでも何時も20羽前後もの、
アオサギ、コサギ、ダイサギがいて、その中にクロサギが一羽だけ…
e0229455_093091.jpg


飛んでる所は中々撮れませんでしたが、この日は近くを飛んでくれて、やっと撮れました。
e0229455_0103525.jpg


寒い中約二時間頑張ったら、流石に手が悴んで来て、シャッターが押せなくなり諦めました。
e0229455_0105043.jpg

by yamakin716 | 2011-03-08 01:29 | 鳥類 | Trackback | Comments(8)

飯岡海水浴場前からの夕陽    2011年03月06日 更新

この日は銚子に行く予定でしたが、途中でトラブルがあり、銚子からの夕陽には間に合わず、
飯岡の海岸で撮る事に…

丁度良い霞が掛かって、オレンジ色の濃い、こんなに綺麗な夕景になりました。
生憎と富士山は見えませんでしたが、この様な夕景は、年に数回しか見られないでしょうね。
       ★★★ 写真をクリックすると大きくなります。★★★
e0229455_1274415.jpg


全て同じ場所からの写真です、波打ち際の模様が奇麗に出てます。
e0229455_1283222.jpg


こちらは波が引いた直後です。
e0229455_138870.jpg


満月のような感じに見えますね、何故かロマンチックになります。
e0229455_1383866.jpg


波飛沫を入れましたが、この日は波が小さく、太平洋の荒々しさがありません。
それでもチョット生き生きした感じになったと思いますが…?
e0229455_263144.jpg


ここは海には沈みません、房総半島の向こうに沈みます。
e0229455_265129.jpg

by yamakin716 | 2011-03-06 03:00 | 飯岡 | Trackback | Comments(37)

屏風ヶ浦                2011年03月02日 更新

  ☆★  『 屏風ケ浦 』 ★☆
銚子の代表的な景勝地のひとつである『屏風ケ浦』は、飯岡町の刑部岬(ぎょうぶみさき)まで10Kmにも及ぶ絶壁の海岸線です。その勇ましさ・雄大さは英仏海峡のドーバーの「白い壁」に匹敵するといわれ、「東洋のドーバー」とも呼ばれています。


夕陽に染まる刑部岬、ここから屏風ヶ浦の始まりで、銚子まで10キロ続きます。
上の建物が刑部岬の展望館です。
         ★★★ 写真をクリックすると大きくなります。★★★
e0229455_142053.jpg


■ 屏風ケ浦の地層
アメリカの「グランドキャニオン」を思わせるような、縞模様の地層がむき出しになっています。
かつては海底であった層(砂岩質の岩の部分)の上に関東ローム層の赤土(火山灰が積もって鉄分が赤く酸化したもの)が堆積した様子が見てとれます。崩落した岩を見ると、貝殻などの化石や、かつてそこで生活していた生物の痕跡が残っています。
このように広範囲にわたって地層の様子を観察できる場所は少ないため、非常に貴重な存在となっています。
e0229455_14582196.jpg



銚子方面を見た所です。
右側の端に小さく見える椰子の木があります、ここがサンセットを撮ってる所です。
e0229455_14233198.jpg


☆★  海食による地形の形成  ★☆
『屏風ケ浦』の景観は、「海食(波による浸食)」により形成されてきました。この「海食」により、過去40~50年の間に陸地が50mほど後退したそうです。(鎌倉時代には2~6Km先に陸地があったとも言われています。)
砂岩質の岩は非常にもろく、波を受けると徐々に削り取られるのではなく、まとまって崩れ、また、「海食」だけでなく地震や雨水・地下水による影響でも崩落は進行します。これにより、独特の荒々しい景観が形成されてきたのです。
消波ブロックの設置後、陸地後退は緩やかになりましたが、今なお変化を続ける姿を眺めていると、その存在感に圧倒されます。

刑部岬方面です、ここから先は穏やかな日でないと、行けないようです。
ここから刑部岬までは、約8キロくらいあります。
e0229455_14235077.jpg


今もこの様に崩れてます。
e0229455_14242087.jpg

by yamakin716 | 2011-03-02 15:17 | 銚子 | Trackback | Comments(2)

飯岡、刑部岬(ぎょうぶみさき)展望館からの夕景   2011年03月02日 更新

この刑部岬(ぎょうぶみさき)展望館は、屏風ケ浦(びょうぶがうら)の西端に位置する、高さ約60mの断崖絶壁にあり、太平洋と九十九里浜を一望できます。

また、この刑部岬からの景観は、「日本の朝日百選」・「日本の夕陽百選」・「日本の夜景百選」・「関東の富士見百景」に選ばれています。

展望館から見た飯岡漁港の一部です。
       ★★★ 写真をクリックすると大きくなります。★★★
e0229455_21275678.jpg


写した日は違いますが、太陽の右側に見える黒い2本の線は、東京湾千葉県側の工場の煙です。
この日はこの写真の部分だけ赤くなり、他は雲に覆われて真っ黒に…
富士山も雲の中でした。
    ★★★ 「下の港は飯岡漁港です」 ★★★
e0229455_21281842.jpg


これも写した日は違いますが、この日は富士山が見えました。
通常のISO感度ですので、この時間になると動く物はブレますが、画質は綺麗です。
    ★★★ 「展望館から見た飯岡漁港と富士山」 ★★★
e0229455_21284013.jpg


ISO感度上げて撮った物です。
走ってる船は良く写ってますが、画質が悪くなりました。
e0229455_2129248.jpg


展望館からの夜景です。
    ★★★ 「飯岡漁港と飯岡の市街地です」 ★★★
e0229455_21292515.jpg


同じ夜景でも、レンズのメーカーで、照明の輝きが違うのも面白いですね。
e0229455_13425546.jpg


飯岡漁港防波堤から撮った、漁港と刑部岬です。
右側の明かりは、直線で約10キロ先の銚子市内です。
e0229455_1410111.jpg

by yamakin716 | 2011-03-02 15:11 | 飯岡 | Trackback | Comments(2)